世界一高貴で気位の高いシャム猫のお留守番は如何に?

ペット

世界一高貴で気位の高いシャム猫のお留守番は如何に?

やはり、シャム猫であった。

皆さんも、「ワンワン物語り」のシャム猫を知っているでしょう。

心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】



 寂しがるどころか、「歓喜の舞」






 ワンワン物語りのシャム猫は金魚の鉢も倒してしまう程のいたづら大好き。



 流石は、気位の高い、シャム猫様。

シャム猫

出典 http://static.pepy.jp

シャム(英:Siamese / 泰:วิเชียรมาศ)(シャム猫、シャムネコ、暹羅猫)は、タイ王国原産で短毛種の猫である。古来よりタイには3種のネコ、シィ・サワット(コラットの原型)、スパラック(バーミーズの原型)、そしてシャムが存在していた。中でもシャムは王室や貴族、寺院など、高貴な血筋の家系でのみ飼うことが許されるなど非常に尊い扱いをうけてきた。それが1884年にイギリス総領事であったゴードンに寄贈されたことによりイギリス本国へ渡り、ロンドンのクリスタル・パレスで行われたキャットショーにてその特徴的な毛色が注目を集め、世界に広がる事となった[1]。 V字型の顔、長く細い美しい尾と四肢、ピンと張った肉の薄い耳、そして毛色はともかく、シャムと呼ぶためにはサファイアブルーの瞳が必須条件になる。口は小さく、爪は危険なほど鋭い。前足をよく使い、高いところを好む。

出典 http://ja.wikipedia.org

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ